SNSの利用はプライバシーを守ってトラブル回避!

自分のプライバシーは自分で守る

SNSはとても便利ですよね。ファッションやインテリアなど自分の趣味に関する情報を収集したり、好きな有名人の近況を知ることができたり、友人や知人とのコミュニケーション手段としても今やSNSは欠かせないツールです。しかし、便利な分、SNSには危険も潜んでいます。特にプライバシー情報を収集して悪用しようとしている人にとって、SNSは宝の山です。例えば、旅行先での写真や動画、旅行の日程などを投稿した場合、楽しんでいることが発信されるだけでなく、家が留守だという情報を発信していることにもなります。SNSの情報をもとに空き巣に入る手口も増えているようです。プライベートを投稿するのは良いですが、公開前に内容をしっかりチェックすることが大切です。

友人や知人のプライバシーにも配慮しよう

何気ない日常の出来事を投稿したつもりでも、写真や動画にはプライベート情報がたくさん写り込んでいます。例えば、友人数名と食事をしたときに、その中に恋人に内緒で来た人がいたとすれば、その情報を投稿されるのは大変迷惑なことです。もし、恋人にバレてしまい喧嘩になれば、投稿者のせいになってしまいますよね。また、友人の勤め先が分かる写真を投稿してしまった、知人が離婚したことを拡散してしまったなど、例え悪気がなかったとしてもプライバシーの侵害は他人の名誉を傷つけることになります。

SNSを利用するときは、友人や知人のプライバシーを守るためにも、一緒に写っている人に許可を取る、場所が特定されないようにする、他人の私生活をむやみに公開しないなどの配慮が大切です。

機密文書は3種類に分けられます。極秘文書、秘文書、社外秘文書がそれにあたります。最も秘密性が高い極秘文書には様々な制限があり、厳重に取り扱う必要があります。

You Might Also Like