社内報とは?目的や作成方法を理解しよう!

社内報の目的とは、どのようなものか?

社内報は、会社内で発行される冊子です。一般的な社内報は紙媒体ですが、会社によってはWebやアプリで読む方法もあります。社内報の目的は、会社側の考えや気持ちを伝え、従業員が共有することです。会社の経営方針や今後の目標を定期的に伝えることで、仕事への意識を高めています。従業員のモチベーションが高まれば、会社自体の業績も上がっていくでしょう。社内報で従業員の紹介をして、交流の少ない他部署や他支店の人を理解する目的もあります。

社内報の作成方法とは?

社内報を作成する時には、最初にターゲットの設定が大切です。基本的には従業員全員が読むものですが、時期によってターゲットを絞り込みます。例えば、4月は新入社員をターゲットにするといいでしょう。5月以降は新入社員の紹介を入れると、多くの人が読んでくれます。また、社内イベントや行事があった時は、写真を含めてイベント内容を入れるのが効果的です。写真に知っている人が写っていると、話題にしやすいため、読んでくれる可能性が高まります。従業員の役に立つ情報を入れるのもいいでしょう。例えば、福利厚生制度の内容です。社員割引を使える施設があれば、それを利用したレポートを入れます。多くの人に継続して読んでもらうためには、従業員が緊張せず、楽しく読める内容にするといいでしょう。近隣の美味しいお店紹介や社内食の売れ筋ランキングなどは、気軽に読める内容です。プレゼントやクイズ企画を入れると、次回の社内報もチェックしてくれます。

社内報は、会社の理念や経営方針を伝え、従業員の気持ちを共有するコミュニケーションツールです。従業員のモチベーションアップにつながる役立つ情報も掲載されています。

You Might Also Like