よくある!引越の片付けでありがちなミスを防ぐために

梱包資材は余裕を持って用意しておく

家にあるもの全てを把握している方は少ないのではないでしょうか。あまり物を持たない主義の人でも、引越の際には想像以上に多くの荷物を梱包することになりがちです。そうなると不足しがちなのが梱包資材で、ダンボールやガムテープなど余裕を持って用意しておくとよいでしょう。家族や同居人など、複数人で引越作業をする場合はガムテープを複数用意しておくと便利です。わざわざ梱包作業中に一つのガムテープを使い回すのは効率的ではありませんし、無駄に引越作業を長引かせてしまいます。

不用品は計画的に処分する

引越作業と断捨離を兼ねている方は多いのではないでしょうか。そうなると、不用品がどんどん出てきます。不用品の回収は地域ごとに予め決まっているので、引越直前になって処分するのは難しく、放っておくと引越先まで不用品を運ばなければならない不毛な作業をせざるを得なくなります。回収日は曜日で決められていることも多いので、1週間前には不用品の整理を終えておくと便利です。また、家電製品など普段なかなか処分しないものに関しては、処分方法がイマイチわからなくなりがちです。不測の事態に備える意味でも、余裕を持った処分計画が必要になるのです。

片付けは意外と荒作業に

ダンボールで指を切ったり、ホコリっぽい不用品を整理したりと、何かと片付けは汚れたり傷ついたりしがちです。軍手や長袖を用意しておき、肌を守りながら作業を行いましょう。特に夏場は軽めの格好で作業をする方も多くなりますが、できればクーラーを効かせて厚着をしながら作業をすることをおすすめします。

大掃除で出た家具や家電、衣類などのアイテムは不用品の回収を上手く活用しましょう。ワンストップで処分が可能です。

You Might Also Like