ここまで正確なのか…自動車学校で行う適性検査の正確さと生かし方!

自動車の運転に向いているかわからない…

自動車学校に通う前の生徒さんは必ず通る道ですよね。もちろん自動車学校に通う前の人は自動車の運転なんてしたことないはずですから、向いているかどうかなんて分からないのが当たり前なんです。そこで自動車学校では入校した日に適性検査というものを行います。この適性検査で出てくる結果を上手に分析して今後の運転に生かしていきましょう!

適性検査には種類があった!

自動車学校で行われる適性検査には主に2種類の方法があります。「警視庁方式K型」と「OD式安全テスト」です。どちらも自分の運転を内面から分析するには十分な情報を得ることができます。

どういったテストなの?

運転適性検査と言われると一見「これこれこういう場合に遭遇した時、あなたならどうしますか?」みたいな質問文に回答の例があって「はい」か「いいえ」で答えるのかと思われがちですが、実は違います。警視庁方式K型を例にとってみると、「三角形を30秒以内にできるだけ多く書いてください」や「10秒以内に枠内に斜線をできるだけ多く書いてください」といった性格診断と関係のないようなことをさせられます。

自分の性格が丸わかり!

一通り検査を終え、後日来る結果を見てみると皆さん必ず驚かれると思います。結果はとても性格で、その結果に基づき運転の際の注意点やどういった点を心がければいいかが事細かに書いてあります。

運転適性検査はやって終わりじゃない!

運転適性検査の目的は自分の性格を知り、運転を内面から改善していくことです。結果をじっくり読み、免許取得後とは言わずに技能教習の時から運転適性検査の結果を生かすことがとても大切です。皆さんも運転適性検査の結果を生かし、安全な運転を心がけましょう!

就職活動時に適性検査を受けることがあります。方式にはペーパーテストなどがあります。仕事の適性を評価するテストです。

You Might Also Like